2005年8月14日の日記(再掲)

  夕飯を友人とすませた後でコーヒーでも、という話になりました。初めてアイスフレーバーコーヒーを注文してみたのですがカラメルの香りが漂うおいしい味。物珍しさも手伝ってとてもひかれてしまいました。初めての味を体験し、それが好みに合ったときはうれしいものですけれど、今夜は全く予想しなかっただけにクリーンヒットだったのではないかと思います。たのしい経験をしました。これまでコーヒーは深炒りに限るとばかり考えていましたがそうではないのだとわかり、前からすきだったコーヒーの世界が広がったような気もします。なんとかしてあの味を家でも出せないでしょうか。コーヒーのたのしさが思いがけず広がったいい感じの夜になった気がします。(「フレーバーコーヒー初体験」記事なぜか削除のため再掲)
 

ドメイン最初から取り直し(汗)(^^ゞ

 きまりかけていたドメインでしたがわたしのようなPC初心者に対する配慮が全く感じられず、しかも緊急対応時の電話番号が書いていなかったのですごく怒ってしまってシーサイドネットに3回も激怒のメールをたたきつけました。日ごろ怒ることがほとんどないわたしとしては珍事の中にも珍事ですが、ネットで作る信頼関係がいかに難しく、どれだけ大事かを改めて考えさせられるいい機会になりました。非礼には非礼で対しましたが自分でも本当に珍しいくらい怒りました。しかし、この経験を今後のサーバー選定に生かしていければいいのですし、
いい勉強になりました。それにすぐ「ではこのサーバーは」と教えてくれる相手がいることも幸せです。サーバー、ドメインとも計画が遅れていますが、こうしたトラブルがある会社を選ばないですんだのですから、この遅れ決して無駄ではないのです。何か目標を本当にするには目標の期限を切るといいそうです。26日までにサーバーとドメインをとります。PCで収入がどれだけ挙げられるかを試すためにも、今後も気負わないでできるだけのことをしたいと思っています。サーバー会社選定、早まらなくてよかった・・・。(^^)

結果は1−2・・・

 普段なら蹴球の試合を見ることはないし、第一関心が全くないのですが今夜のイランー日本戦、世界蹴球選手権大会予選には釘付けでした。結果は残念ながらイランが後半1点を入れたものの惜しくも破れてしまったのですが、試合としてはフェアーでしたし、よかったのではないかと思います。3月にアザディ競技場で見た「テヘランの日の丸」のような感動シーンがなく、放送がどうしても日本サイドに傾いてしまうのは致し方ないのかもしれないですが、何かと言うと偏見をもって見られがちなイランだけに、今夜のようなスポーツの試合を通してももっと正しく知られていい国だし、正確に知られるべき友好国だと考えます。勝てなかったのは確かに残念ですが、ここは両国揃って出場できるのですからすなおに喜びたいと思います。
モバラキ、イラン、日本。頑張れ、イラン、日本!

物見高さは得か

 昨日のフレーバーコーヒーのことをもう一度考えてみたのですが、物見高い性格は好奇心が強いことにつながる点があるのでかなり得な性格なのではないでしょうか。確かに好奇心が強いことは感じてはいましたがそれがコーヒーで再認識することになるとは考えてもいなかったのです。コーヒーはいままで深炒りばかりでしたが、たまにはそれを破る勇気とか新しい考えが大事だとも感じます。確かに物見高い性格はいい点が多いと思いますが、まずは好きなコーヒーから変えましょうか。フレバーコーヒーそのものは珍しくないのかもしれませんが、新しい世界が見えてきそうでたのしい感じがします。またモールの「GLORIA JEANS」行きたくなりました。

ドメインの申請がおりました(喜!)

 ドメインの申請が許可されました。これで世界に1つしかないドメインが自分のものになったのだと思うとPC初心者のわたしも流石にうれしいです。これまでアフィリエイトやAMPなどでPCを通して収入を挙げてはきましたが今回はその入り口がまた広くなるので期待もあります。これまでドメインを持とうと考えてから1ヶ月も今日までかかってしまいましたが、何とかその遅れを早く取り返したいし、そうできると信じます。ドメインが取れたのだからあとはブログやHPを整備するかしないかそれだけ。PCで収入を挙げることは初めからの目的だったのですから今回も必ずできるはず。早速始めたいと思います。しなければならないことや、クリアーしなければならない課題は多いでしょうがそれだけに楽しみ。早くPC収入の間口を広げたいと思います。

うれしかった友の書込み

 仙台を離れた友人から久し振りに書込みがありました。約4ヶ月振りになります。「人生に無駄なことは何もない」という彼女のひとことはわたくしがこれまで生きてきたうちでいちばん印象に残り、最も強烈だったひとこととして終生忘れるはずがないことばですが、その大事な友人が連絡をくれたのです。いまでは彼女のこのことばはわたくしの座右銘ですし、ほんとうにうれしくなって何回も読み返しました。人生に前向きなかたの手紙やことばは当たり前ですが前向きで、読んでいるうちに元気が出てくるのだということを今回も実感しました。プラス志向の人間がマイナス志向の人と同じ場所にいられない理由も改めてわかりましたが、近頃こんなに励まされた書込みは初めてです。人生で忘れ得ない出会いはどのくらいあるかわかりませんが、彼女との出会いは間違いなくそのなかの3指に入りますし、とてもうれしく思っています。尊敬し私淑する気持ちはいまもいささかも変わりませんが、これからもお互いポジティブ志向で、いい関係でいられるよう祈りたいですし、わたくしを忘れないで考えを寄せてくれた気持ちに感謝したいと心から思います。本当にありがとう、いつまでも、いつまでも幸くませ、わが友。

ドメインの申請をしました

 昨日は別の記事を書いてしまったのですが予定通り8月10日独自ドメインの申請をしました。夢があるといいなあ、という期待から「ドリーム」という名前をつけましたが、審査までには2、3日時間がかかるそうです。それにしてもドメインを取ろうと考えてからここまで1ヶ月も時間がかかってしまいましたが、これまでにPCで収入をあげた経験があるのですから今回はその延長と考えたく思います。申請が通ったら年間2万円の投資はどこまで大きくなって返ってくるかも楽しみです。知れば知るほど奥が深いのがPCなのだ、と改めて考えさせられましたが、わずか2月前まで本をPCで売ると収入になることが全くわからなかったわたしがいまでは12000円の収入を手にしているのですから驚き。今回、ドメイン取得は勿論初めてですが、いつも通りポジティブ志向で行けば絶対にいい結果が待っていると信じて疑いません。最初は少しずつ、はAMPも同じでしたが、審査を楽しみに待って収入の幅を広げたいと思います。

「素晴らしき日々へ」(2)

 8日に買ってきたばかりの「素晴らしき日々へ」を聴きながらPCに向かって日記を書くのが習慣になりつつあります。特にいいなあ、と思うのが1曲目のタイトル曲と5曲目のピアノ編曲のタイトル曲「サンライズインワンダフルデイズ」ですが、毎日身の回りを沢山の音楽や音にかこまれていてその中でほんとうに気持ちが落ち着いて気分が和む、あるいは時間を忘れられる音楽はどれほどあるのかと考えてしまいます。この「素晴らしき日々へ」はすきなクラシックではありませんがまちがいなくその気持ちが和んで癒される作品の中に入るでしょう。音楽が癒しになることはいまでは周知の事実ですが、この1枚はたまたま見つけて買っただけにこんなに訴える力があるアルバムとは考えもしませんでした。自分にとって大事な曲、それがもしもクラシックでなければどんな曲がどれほどあるのか、振り返ってみるのも大事なのではないか、と思います。

やっと決まりそう(喜!)

 以前から何となくですが独自ドメインがあったらいいな、と考えていました。もう1ヶ月も考えて希望のドメインの空きがあるかどうかを探していたのですがやっと決まりそうな感じになってきました。年間使用料は2万円ですからこれなら大丈夫です。それに本をAMPに売って初めてPCで収入をあげることができましたが、ドメインを取ることはPCでの収入の間口を広くすることにも通じると思うのです。「お金に対して罪悪感を持たない」というのは神田さんの考えですが、収入の方法を複数持つことは大事だし、神田さんの考えが基本になっている気がするのです。あすドメイン申請をしますが、PCでの収入の幅が大きくなると思うと楽しみ。またPCが好きになると思います。

「素晴らしき日々へ」

 AMPに出品しようと本を探しに入ったBO鹿野店で「素晴らしき日々へ」をたまたま見つけました。矢部達哉さんの演奏を初めて聴いてバイオリンの音色が暖かく心に沁みたときのことを思いだしました。初めて聴いたのはいつなのか忘れましたが、いい曲、心に残る音楽はやはり当然ながらいつまでたってもいいのだ、と思えてきます。このCDは10曲が収められていますが、やはりいちばん心に響くのは1曲目。97年の作品なのですでに8年も前の曲になりますが、今夜ばかりはタイムマシンに乗ったような気分になりました。矢部さんのあたたかな演奏は初めて聴いた当時のまま。いい音楽はいつまでもいいのだし、すきな曲はいつまでもすきなのだ、という思いをまたあらたにした気がします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。