E−BOOK,原稿送付

 手直しをするように指示があったE−BOOK原稿をサポートデスク宛送りました。最近はMTとかE−BOOKとかPC関連の問題しか頭にないので、どうしても気になってしまいます。今度の評価はどうなるのでしょうか。何とか少しでも早く評価が戻ってくるといいのですが。やはりある程度の実績が出るまでは気になりますし、MTにせよ電子書籍にせよ販売を前提にしているのですからどうにかして、と考えるのも当然のことでしょう。しかし、ここは焦らないでマイペースで行くのがいいのではないかとも思います。言い方を変えれば初心者には初心者なりのやりかたがあるはずですから、それに則ってやっていくのがいちばんいいのではないかという感じもします。今週中にどこまで設置や販売の準備を進めることができるでしょうか。自分でも楽しみにしています。

文学作品の形

 もともとは小説であった作品が漫画やアニメーション、ドラマなどに形を変える場合は多いのではないかと思います。「今日は何の日」を見ていて今日が声優富山敬さんの誕生日なのだと気がついたからなのですが、「銀英伝」をOVAで初めて知ったわたしにとっては「すぐれた小説はそれがどのように形を変えようとも作者が伝えたいメッセージは変わらない」のだと思うのです。いま、同じ田中作品で漫画になった「風よ、万里を翔けよ」「アルスラーン戦記」の2作品を読んでいるわけですが、この「銀英伝」も道原かつみさんが漫画化していますし、OVAにもなっています。そうした変化があるにせよこの作品のスケールの大きさとか壮大さは決して変わらないのだと思うし、形を変えることで原作にはなかった新しい魅力が出てくることもあるのだと思うのです。音楽と同じように文学も永遠のもの。「銀英伝」最近はずっと読んでいませんでしたが、たまには久し振りに読み返しをしようか、と思います。

MT設置ならず、しかし・・・

 今週中にMT設置を目指していたのですが週末になってしまったため残念ながら来週までお預けになりました。しかし、もう一つの宿題であったE−BOOKを83ページまで書き進められて一応の完成をみたのでよかったと思っています。あとはインフォカートなどへの登録があるわけですがこれも来週中にはぜひ済ませたいと思っています。何でもそうなのでしょうがひとたび勢いがつくといろいろなことができるものですね。来週こそMT設置をして収入の幅を広げたいですが、E−BOOKとMT,初収入はいずれが早くなるでしょうか。今回のMTにせよE−BOOKにせよとてもいい経験になりましたが、今後はいかにして安定した収入に結びつけるかが鍵になるような気がします。来週はまたPC相手に部屋にこもる日が多くなりそうですが、きっといいことがある、といつも通りポジティブ志向で考えたいと思っています。

ただいまMT格闘中

 郵便局と銀行に行く用事を2時間そこそこですませてすぐに帰宅し、PCと朝から格闘しています。目的はいうまでもなくMTの設置ですがあとからあとから問題や疑問が出てきてしまい、なかなか前に進みません。この数日間だけでサポートデスクとやりとりしたメールは何十件になるでしょうか。HPと違って更新がらくだとか、アフィリエイトに最適だとか、ひとたび設置してしまえばあとは不労所得の幅が広がるのですからどうしても必死になります。実際、いまのわたしの心の中にはMTしかないのではないかと思います。自分でもここまで「設置したい」と思うとは考えていませんでしたが、変わろうと思えば変われるものなのだ、と改めて知ったような気もします。この格闘、まだ先は長くなるかもしれませんが絶対にあきらめません。「収入」「不労所得」のまえには難しいことは何もありません。今週中の設置をあくまでも目指してできるだけのことをしようと思っています。

知るほど奥深いもの

 知るほど奥深いもの。人それぞれだとは思うのですがわたしの場合ならやはり本とPCなのではないか、と思います。MTの設置はまだ半ばですが、それにしてもPCの可能性、奥深さはすごい。本にしても1回読んだ作品を再読するとそれまで気がつかなかった面白さや感動する科白など見つけることは日常茶飯事ですから、本も1回読んだだけですませるものではないな、と思うのです。その代表がわたしには「三国志」であり「岳飛伝」なのだと思うのですが、使うほど、触れるほどにその真価がわかるものはそう多くはないのではないかと思います。明日もほとんどの時間がMT設置とアマゾンへの出品で終わりそうですが、時間が経つのを忘れるくらいMT設置には集中していますのでいいことなのだと自分では思っています。
 知るほど奥深いものは身の回りにはすくないのでしょうが、PCと本、2つも探せたわたしは珍しい存在かもしれないし、それだけ運がよく、幸せなのだとポジティブにとらえたく思います。

MTが気になる

 昨日は気になった新聞記事について書きましたが、デジタルやネットの世界で気になることはやはり多いなあ、と感じます。そのなかでもいまいちばん気になるのがMTです。まだとても設置できるだけの知識はありませんが、いずれ必須の知識になることは明らか。何とかしていまのうちに、と考え、今日は23ページの資料を1日中部屋に閉じこもって読んでいたのですがそれにしてもPC初心者には難しいです。これがクリアーできればまた不労所得の可能性が大きくなるのですが・・・。PCはいまでは日進月歩以上の速さで動いていますからついていくのが本当に大変ですが、ここは知っているかたに指導を仰ぐのも方法かな、と思ったりもします。その他にもADSENSEとかSEOとか、不労所得を大きくするためしなければならないことは多すぎるほどありますが、わたしの場合はまずはMT。どうにかして遅くとも今週末には設置をすませたいし、すませなければ、と思っています。早く設置すればそれだけ不労所得の幅が広がるからですが、これは積極性の表れなのだと自分では評価したいと思っています。

気になった記事

 河北新報の「WEB日誌」に気になる記事がのりました。ブログの双方向性について書いてあるのですが「ブログを使うと、ある情報に対して簡単に意見や感想を書き込めます。「コメント」機能です。「トラックバック」という、ブログ特有の機能を利用すれば、ある情報に対して別の情報を簡単に関連付けられます。ブログの仕組みをうまく導入できれば、時には「一方的だ」といわれる新聞社から購読者へと向かう情報の流れに変化をもたらすことができそうです。どんな手法を採用するにしろ、そこに生まれるのは新聞社が運営する「広場」や「フォーラム」のようなものです。もともと新聞社が担っている機能であり、それ自体、特に珍しいものではありません。ただ、新聞社のネット部門を担当する者としては、せっかく取り入れた「双方向性」の仕掛けをあまり利用してもらえなかったり、無責任な発言や誹謗中傷の場になるのを最も懸念しています。懸念するあまり「フォーラム」への参加資格を厳しくしては元も子もないのが悩ましいところです」とあります。ネットは匿名性が高いという特徴がありますが、それを理由に誹謗中傷の場になってはならないし、視点を変えてみれば個人のMTやブログへのいわゆる荒らしもこの「悩み」になるのかもしれません。まずは何よりも、特にネットの世界では相手が新聞社であれ個人であれ、モラルが問われるのですし自分の発言や書込みには責任をもつことが当然ですがいちばん大事になるのだ、と思います。

アフィリエイトのすごさ

 E−PUBからまた連絡がありました。メルマガに貼り付けているタグから商品が売れたので、780円を振り込みます、ということです。これでアフィリエイト収入はこれまでに5340円になります。何もしなくても収入があることになるのですから改めてアフィリエイトはすごい、といやでも感じてしまいます。まだ今回で4件目ですが、これが数が多くなったらどうなるんでしょうか。PCはほんとうに入金専用のATMとして使うことができるようになるのです。今回の振込でまたやる気が出てきたことはいうまでもありません。いまはまだ件数も少ないですが、それでも振込があるのでアフィリエイトはやめられません。ひとことでいうならPCはその可能性を信じ、使い倒した者勝ち。わたしももちろんそうなれると信じています。内海さんは「人の10倍仕事をやり抜くメンタルトレーニング」で「ネガティブは当然で、ポジティブは特別」だと言っていますが、わたしはこれからも特別でいたいし、いられるのだと思っています。「アフィリエイトで最初の1000円を稼ぐのは難しいが、それをクリアすればあとは簡単」といわれるのもわかる気がしますが、今後もポジティブ志向を絶対に忘れないで淡々と、自分にできるだけのことをしていきたいと思います。

E−BOOK再修正完了

 かなりいい評価を受けた初の電子書籍でしたが、校正点をいくつか指摘されたので訂正して返送しました。今度はどんな評価になるでしょうか。表や図版を自由に入れられる腕がまだないのが辛いところですがページ数は1増えて77。自分ではかなりいいところまでいったかもしれない、と期待していますが評価が楽しみです。これで実際売れればさらに面白くなるのはいうまでもありません。まわりがみんなポジティブ志向なので「よし、わたしも」と意識しなくても考えてしまうのですが、振り返ってみるとこの「意識しなくてもポジティブ志向になる」というのはすごいことなのだと思います。遅くても48時間以内にはよほどのことがない限り回答がきますが、また1歩先に進めたようで素直に嬉しいです。実際の電子書籍販売までにはまだ時間があるかもしれませんが、少しでも実際の販売までの時間が短くなりますように。そして、その願い通り販売は近いと信じたいと思います。

広告枠オークション申込み

 昨日の続きです。広告枠オークションサイトを見てみたのですが、下は100円から上は1万円以上まで値段はさまざまです。価格設定をどうしようかと迷いもしたものの、1000円からのスタートにしました。これで収入の方法が、少なくとも収入の可能性がまた一つ増えたことになります。収入のもとを複数もつことは今後の絶対条件ですが、まずは可能性を高くしなくては始まりません。今回、その可能性を無料で高くできたので個人的にはとてもよかったと思っています。あとはこの1000円の広告枠に注目がどれほど集まるかですが、ここもポジティブ思考で考えているのはいうまでもありません。初めての広告枠オークションですから、可能なことからひとつずつ。長い目でみていけたら幸せなのではないかな、と思っています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。