四字熟語の覚えかた

 昨夜Oさんと夕飯をともにしながら話したのですが、漢字検定試験に出題される四字熟語をどうやって覚えるか、という話題になりました。いま吉川英治の「三国志」を読んでいて「桃園の誓い」まで読み終えたとのことなのですが、確かに三国志には故事成語や四字熟語が多く出てきます。あるいはそれ以上に故事成語や四字熟語の出典になるのが司馬遷の「史記」なのではないかと思います。いずれにせよ試験を意識しないでらくにたのしく覚えられれば最高ですが、今回「読むよ」のサイトで横山光輝さんの「史記」を読んでみてこの作品からうまれた成句やいいまわしがいかに多いか改めて感じ、考えてしまったのですがこの「史記」も推薦しようかと思っています。また近いうちに会うことになっていますが、四字熟語、なかなか面白いと思います。漫画にせよ原典の翻訳にせよ、たのしく関心をもって読んで知識にできればいいのですが。今夜もまた「読むよ」で「史記」を開こうと思います。

最近はまったサイト

 MIXIでの紹介サイトなのですが、最近「読むよ」にはまりました。いまでは毎日見ていますし、これまでに「三国志」「項羽と劉邦」を読んでいますがいずれも面白いし力作です。筆者は横山光輝さんですが歴史ものの腕は流石というところ。いま読んでいるのが「史記」ですが難しいと思われていた中国古代史がわかりやすく、故事成語の由来なども含めて書かれているのには関心しました。もともと歴史には興味がありますし好きですが、今度は単行本も揃えてみようかと思います。はまるサイトはこれまでにもありましたが漫画関連のサイトは初めてですし自分でも意外でした。しかしそれだけにうれしいと感じるのも事実。これからも歴史小説や史実に題材を得たコミックを中心に読んでいけたら、と思っています。 

「あはれ、いと寒しや」

 確か「源氏物語」のなかにあったことばなのですが今日も冷える一日になりました。14時現在で10℃を超えたというのですがとてもそんな感じはなく、ストーブの前を離れられないでいます。今年は少なくても暖冬ではないように思えますが12月からこんなに寒くては年明けの1,2月はどんなに冷えるのだろう、と思ってしまいます。そうでなくても冷え性なのにどうなってしまうのでしょう。今日は雪がないだけまだいいのですが明日の予想最高気温は氷点下1℃、今季初めての真冬日になりそうです。また「貧窮問答歌」の最後の箇所を思い出しました。「かくばかりすべなきものか世間の道」、明日も寒くなりそうです。

ネットのモラルについて考えたこと

 このところ迷惑メールが毎日かなり届きます。自動で仕訳できるよう設定していますのであとは削除キーを押すだけなのですがそれにしても数えたら毎日何十通になるでしょうか。アドレス収集ロボットが存在する限りはしかたがないのかとも思いますが、送信者のモラルはどうなってしまったのか、とどうしても考えてしまいます。読まれないで捨てられるだけのメールを恐らく何万通も送信しているのでしょうが、自分が逆の立場、すなわち受信者になったらどうでしょう。「自分がされていやなことは他人にもしない」がわたしの座右銘ですが、ネットのなかのモラルとか、倫理観についてもっと考えるべきではないかと思います。

年賀状受付はじまる

 全国の郵便局で今日から年賀状の受付がはじまりました。まだ年賀はがきを1枚も買っていないので来年もメールで新年のあいさつをすませることになりそうです。年の瀬の感じが全くしないのですがまもなく年が改まるのが実感としてわいてきません。あと半月で新年とはどうしても思えませんが、来年の目標だけは立てたいと思います。とりあえずは「古書店でひとつき1万円」でしょうか。果たしたい目標はいろいろありますがまずはできるところから、と思います。あるいは新年を迎える気持ちが全くしない、というのはそれだけ無事に毎日を送れたからなのかもしれません。少し早いですが、来年も「輝く4文字不労所得」を目指して毎日の試行錯誤のなかから自信をつけていきたいと思います。

「寒くしあれば」

 山上憶良の有名な「貧窮問答歌」のなかにあることばなのですがこのごろはほんとうに寒い毎日が続いています。「寒くてたまらないので」というわけですがとにかく起きていることができないくらい。どうしてこんなに寒いのかと思ってしまいます。今年は冬が早いような気もするのですがどうでしょうか。12月からこれほど寒い年は近頃では多くなかったと覚えていますがこれでは年が明けたらどうなるのか。昨日久し振りに開いた「万葉集」を今夜は読み返してみたいと思いますが、「かくばかりすべなきものか 世の中の道」とはなりたくないなあ。今夜も冷えてきました。明日も予想最高気温は2℃。また寒くなりそうです。

連日が氷点下

 「OH!バンデス」で見たのですが仙台は今日で4日連続で最低気温が氷点下なのだそうです。さすがにそこまで知らなかったので驚きましたが今年は冬が来るのがいつもより早い気がしてなりません。朝起きは辛いですし、足が冷えて眠れないのも冷え性のわたしにしかわからない悩みだと思います。どうすれば暖かく眠れるのかだけでも知りたい気になりますがいままでが暖冬でしたから今年の寒さは特に応えるのでしょうか。連日が氷点下、はあまりいい記録ではないだけに、早く朝の最低気温が氷点下でなくなるように祈っています。今日、本がまた1冊売れたので明日は発送に行かなければなりませんが、自転車で5分の距離がまた遠く感じられそうな気がします。

友あり、遠方より手紙来たる

 私淑してやまない友人から連絡がありました。いまでは仙台を離れている友人ですがいまでも気持ちは通じているのだと嬉しくなります。お味噌に生姜を入れて飲むと身体が温まるそうですが早速試してみようと思います。これまでにもいろいろなことを教えてくれた彼女ですが、メールのやりとりだけで気持ちがここまで通じることはあまりないのかもしれません。いまでも忘れられないのが「人生に無駄なことは何もない」と教えてくれた思い出ですが、このことば以上にわたしの人生に影響があったことばはありません。それだけ友人の生き方が前向きで明るい、という証になると信じています。頻繁にやりとりをする関係ではありませんが、今後もわたしにとって最高の師匠であってほしいし、ポジティブな生き方を教えてくれる存在であってほしい。「さらばさらばわが友 しばしの別れぞ今は 身は離れ行くともこころはひとつ」という歌がありますが、この曲「別れ」の最後の歌詞を彼女に贈りたいと思います。「幸くませ わが友」

積雪2cmの朝

 けさは昨夜からのにわか雪が2cm積もりました。寒い一日になりました。確か源氏物語に「あはれ、いと寒しや」という文があったと記憶しているのですがそのとおりのお天気。いまは雪は消えましたが風が冷たいです。夜が長い季節は好きですが足が冷えてしまうのが辛い。これでもう少し気温が上がればと思うのですがいまは1.5℃、寒い、と思います。そうした寒い中で今年の3月に花をつけたヒヤシンスの芽がまた少し大きくなったような気がしますが、寒い季節であっても春がまた近くなったようにも感じます。先月植えた球根はまだ眠っていますが・・・。寒くても気力まで落ちてしまわないように気をつけてこの時期をすごしたいと思います。

次は早くなるかも、2000アクセス

 先日1000アクセスがあったのですが今日までのところ1062です。アクセスの数が以前よりも少しずつ多くなってきているような感じがするのですがどうなのでしょう。もちろん急ぐつもりはありませんがこのあいだ1000だったカウントがいつのまにか62も多くなっているのですからやはりネットの力はすごい、と思います。「銀英伝」のような参加者が多いコミュニティーに入っているからかもしれませんが毎日「どなたが来て下さったのか」を見るのはたのしいのでやはり「2000」もどうしても気になってくるのでしょう。特に今日のような寒い日はPC相手に長い時間をどうしても過ごしがちになりますが、冬はやはり同じことを考えるかたも多いかもしれません。日記を毎日更新するときに必ず見る「足跡」。来ていただいたかたのサイトはお返しに訪ねるようにしていますが、こうしたささいなことからネットの中での輪が広がるのはとてもいいことですし、人脈作りにも役立つと思っています。あすはどこまでカウントが伸びるでしょうか(笑顔)。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。