アフィリエイトを長続きさせるには

 アフィリエイトを長続きさせるにはどうすればいいのか。携帯アフィリエイトを始めて今年で3年目ですがよく続いてきたとわれながら考えることがたまにですがあります。どうやって最初のアフィリエイト収入をできるだけ早く得るかがいちばん問題になるのではないかと思いますが最初のアフィリエイト収入はすぐ手にできるものではなく2,3ヶ月は少なくてもかかるのではないかと思います。2,3ヶ月は収入がなくてもサイトをひたすら更新し続けるわけですが姉妹サイトで「魔の3ヶ月」と書いたわけがいまさらながらわかる気がします。これまで3年間も携帯アフィリエイトを続けられたのも3ヶ月間全く収入がなくても諦めなかったからでしょう。ひとことで言ってしまえばアフィリエイトで稼げるようになるには忍耐と粘りがいちばん大事なのかもしれません。


 アフィリエイトは給料のように決まった日に収入があるわけではないのでほとんどのアフィリエイターは最初の収入がある前に投げ出してしまうのかもしれません。アフィリエイトは携帯アフィリエイトであれアドセンスであれ続ければ必ず稼げるのに惜しいなあ、と経験者としてはどうしても考えてしまうのですがひとことで片付けてしまうのはやりすぎでしょうか。少しでも早く収入をあげるにはやはりサイト更新と検証が大事でしょう。そのためにツールを使い倒すわけですが100円稼げれば1000円の壁はもっと楽に超えられると思います。いちばん辛いのは全くないところから100円の収入を得るまでだと思いますが稼げるアフィリエイトをするためツールをどれだけ使っているか振り返ることも大事ではないでしょうか。ちなみに筆者はグーグルとフェレットとwikipediaは使わない日はなく、毎日使い倒しています。忍耐心とツールの使いこなしでアフィリエイト収入を初めて得るまでの時間は短くできるのではないでしょうか。
| 日記

アフィリエイトではありませんが

 アフィリエイトではありませんがこれまでポイントサイトで2万円以上を稼いでいます。ふと考えついてアメリカのリードメールに登録してみました。「海外リードメール」で検索すると簡単に探せますが中には登録しただけで収入になるリードメールもあります。今回登録したリードメールは登録して5ドル収入になりました。450円でも不労所得です。リードメールはアフィリエイトではありませんしアドセンスとも違いますが収入の方法は多いほうがいいのはいうまでもありません。


 リードメールは国内にもありますが単価があまりに安くこれまでサイトを見ただけです。海外リードメールは最低限英語がわからないとトライできませんが収入のためなら、と割り切ることも必要ではないでしょうか。アドセンスと合計した今月のドルでの収入は7.8ドルです。いまの為替相場では702円ですが毎日かなりの量のメールが送られてくるようなのでどうなるでしょうか。アフィリエイトやアドセンス以外にも稼ぐ方法はあるものです。まず最初の目標は100ドルですがあと95ドル、アフィリエイト、アドセンスとあわせて稼ぎたいものです。
| 日記

アフィリエイトで稼げるキーワード

 アフィリエイトで稼げるキーワードは探せばいくらでもあるのでしょう。アドセンスは正確にはアフィリエイトではないかもしれませんが半年あまりもそのままにしていたゲームに関するサイト更新を再開したところアドセンス収入が少しずつではありますがまた増えてきました。改めてアフィリエイトとアドセンスでは記事更新がどれだけ大事か考えさせられました。やはり少なくともアドセンスでは毎日の記事更新に勝る収入アップ方法はないようです。



 アフィリエイトで稼げるようになるためにはツールを使いこなすことも大事だと書きましたが、一瞬で何字書いたかわかってしまうすぐれもののツールもあります。「自動文字数カウントツール」というのですがアドセンスではいまでは最低600字程度は書かないと収入にならないようです。もちろんキーワード選びが大事になってくるのは書くまでもありません。


 記事更新は地味ですが書けば書くほど短時間で書けるようになるし、ことばにも敏感になります。つまりキーワードを探しやすくなりアフィリエイト収入とアドセンス収入が増えるのです。収入が多くなるのですから地味な作業を淡々とこなす割り切りも大事でしょう。「儲かっている業界が稼げるキーワードが多い」と書きましたがゲーム業界は儲かっているようです。アフィリエイトやアドセンスはやれば稼げるのですからまずキーワード探しからやってみてはどうでしょうか。なかなか収入が伸びないアフィリエイター、アドセンサーも稼げるようになるはずです。
| 日記

アフィリエイトサイト更新の頻度

 アフィリエイトサイト更新頻度はどれくらいにすればいいのか。姉妹サイトでも書いたのですが本当にアフィリエイトやアドセンスで稼ぐなら少なくても2,3日に1回の更新、記事投稿が必要になると思います。ゲームに関するサイトを作り半年間記事更新をしなかったのですが面白いゲームを見つけたので記事を書いたところ昨日のアドセンス収入は0.63ドルになりました。ゲーム関連のアドセンスはこれまでにない高単価のキーワードが多いのかもしれません。


 稼げるキーワードをひとことで言ってしまうなら儲かっている業界で探すのがいいのでしょうが確かにゲームの進歩は毎日確実にされていると言って言い過ぎではないと思います。つまりそれだけ稼げるわけです。稼げるキーワードを探し、毎日記事更新すれば稼げるアフィリエイター、アドセンサーにぐっと近づけるのではないでしょうか。サイトが多い場合であっても2,3日に1回の記事投稿はしなければならないのではないかと思います。キーワードは毎日変わりますしことばは次々に生まれてくるものですからアフィリエイトやアドセンスで稼げるようになるためには常にことばに敏感でなければならないでしょうが、どのようなことばが稼げるのか、流行っているのか考えるのも勝ち組アフィリエイター、アドセンサーになる大事な条件だと思います。キーワード探しは地味ですが、地味な作業ができなければサイトアフィリエイトでは稼げるようになりませんから念のため。
| 日記

アフィリエイトと外注について(3)

 アフィリエイトやアドセンスでは1つのメインサイトに対して少なくても30のサテライトブログが必要で、メインブログの各記事にサテライトブログからリンクを張るのですがこれまで書いた記事がどれほどあるのか数えてみました。外注はすでに決心していますがその準備のひとつとして記事数を数えてみたのです。最も多いメインブログで600、少ないメインサイトで15、これを毎日記事更新していったら時間がどれほどあっても足りません。ある程度メインサイトの記事が書けたら外注を考えるのがやはりアフィリエイトやアドセンスで稼ぐ課題になると思います。


 メインブログ600記事は何年かにわたって書いたもの、15記事のサイトは実質1ヶ月程度で書いたものです。15記事程度ならキーワードを慎重に選べば稼ぐアフィリエイトサイト、アドセンスサイトになるのではないでしょうか。外注はこれまで経験がありませんが1日は24時間しかないのですからやはり稼ぐメインサイト強化のためにも外注は必須だと考えます。最近はライバルの被リンクを気にしない日はありませんがあとはとにかく外注先を探し少しでも早く探し、サテライトブログを作ってもらうだけでしょう。何と言ってもアドセンスやアフィリエイトは続ければ稼げるし、アドセンスは広告が自動表示されるのですから収入になることは何でもやってみることにしました。初めての外注なので心配もありますがまず動いてみようと思います。
| 日記

アフィリエイトと外注について(続き)

 アフィリエイトでもアドセンスでもこれまで収入が確実に毎月あるようになっているのですがサイト作りや記事更新作業はこれまでずっと一人でしてきたのですから収入にも限界があります。「資金を使うべきところには使う」と優良商材である「「超・起業法」の大宮光晶氏が書いているのですがこの意味がいまでは本当にわかるようになりました。一人でもアフィリエイトやアドセンスは稼げるのですから大勢で作業すればもっと稼げるのです。これまでアフィリエイトやアドセンスは一人で作業するものだとばかり考えていました。



 確かにアフィリエイトが稼げると言ってもPCに向かって毎日する記事更新やサイト更新はかなり孤独です。ただ、この孤独感を経験しなければ稼ぐアフィリエイター、アドセンサーにはなれないでしょう。孤独を経験した上で資金を使うべきところに使うのがアフィリエイトとアドセンス収入を増やすいちばんの方法ではないでしょうか。これまで一人でアフィリエイトは2年、アドセンスは半年続けてきましたが資金を使うことを稼ぐため真剣に考えたく思います。いま質問を著者にしていますが、ここまでやる気になるとは自分でも考えていませんでした。信念が行動を起こさせたと思います。8000円で稼ぎが増えるなら安いのではないでしょうか。アドセンスとアフィリエイト、まだまだ稼ぎます。
| 日記

アフィリエイトと外注について

 アフィリエイトを始め、アドセンスなどこれまでどれくらいアフィリエイトサイトを作ったかわかりません。ある本で読みましたがメインブログ1つに対してサテライトブログが30は必要だそうです。物販アフィリエイトをしていたときはメインブログに対してサテライトブログも作りましたがそれでも10も作れなかったのではないでしょうか。



 理由は簡単です。本業がある他に1日は24時間と決まっているからです。メインブログを含めて31ものサイト更新ができるのか、と思わず考え込んでしまいました。アフィリエイトは稼げるしアドセンスは正確にはアフィリエイトでないかもしれないですが稼げることは間違いない事実です。ただ、サテライトサイトを30も作り毎日記事更新をするのはそう簡単なことではありません。



 どうしてもアフィリエイトやアドセンスで稼ぐには外注を考えなければならないようです。この外注の考えはアドセンスの優良商材アドセンスで日給2万稼ぐおネェ的400の戦略には少しだけしか書かれていません。具体的方法が筆者にはわからないのです。30のサテライトサイトをどうやって作るか。稼げる方法はわかっているのですから残された稼ぎの方法はあとは外注だけかもしれません。それにしてもこれまでいくつサイトを作ってきたのでしょう。ここは自己投資と考え外注を真剣に検討したいものです。何といってもアフィリエイトとアドセンスは続けさえすれば稼げるのですから。
| 日記

アフィリエイトとツール

 物販アフィリエイトをしていたときのことですがユーザーの立場に立ったコピーやことばがわからず苦労したことがあります。強調したいキーワードを説明文中に何回か使うことはわかっていてもなかなか実際はいいコピーが書けません。いまではフェレットを使うようになったのでこの苦労もなくなりましたがこのフェレット、無料なのが申し訳ないくらいのすぐれもののツールです。


 そのフェレットの進化版がフェレット+ですがこのフェレット+がなかったらアドセンス収入やアフィリエイトの収入はもっと少なくなっているのではないか、と最近は真剣に考えています。どんなことばでサイトを作るかはアフィリエイターとアドセンサーの考えひとつですが収入になるアドセンス、アフィリエイトをするのならグーグルとフェレットは使い倒すくらいの気持ちがなければだめでしょう。どんなキーワードがあとで収入になることばに化けるかもしれません。



 効果的なコピーを書くのはプロのコピーライターでも難しい作業ですが、ツールをいかにうまく使えるかも稼げるアフィリエイトとアドセンスができるかの分かれ目になるかもしれません。アフィリエイトとアドセンスは稼げるのですから使えるツールは使い、ことばに敏感になるように努めなければ損です。稼げるアフィリエイターやアドセンサーは大勢います。ツールの使い方を考えるのもアフィリエイトとアドセンスの収入を増やす方法だと思いますがどうでしょうか。
| 日記

サイトは必ず誰かが目にする

 サイトを作ったり更新をしているとどうしても自己満足の文章になってしまってアフィリエイト収入をあげられないことがよくあります。サイトアフィリエイトなら共通してあてはまると思いますがサイトは必ず誰かが目にするのでありPC画面の向こうにユーザーがいることを忘れてはならない、と某情報商材にあったのを見てなるほどと感じました。
確かに自分が書いた文を第3者の視点で見るのは大変なことです。
ユーザーの立場になったサイト作りはずっと続けている携帯アフィリエイトでも続けているつもりですが考えてみると果たして自信をもってユーザーの立場で文章を書いているでしょうか。アフィリエイト収入を増やすためにはぜひ考えなければならない問題でしょう。


 幸いにもいまでは上位5%の稼げるアフィリエイターの仲間入りができていますが文章の読みやすさや改行のしかたなどを聞いてしまうのも収入を増やす方法だそうです。「そのサイトを他人に見せられるか」というのがひとつの判断の基準になるようです。


 アフィリエイトをしている以上は誰でも稼げるアフィリエイターになりたいと思いますし収入を増やしたいと思いますがサイトは誰かが見ていることを意識するだけでも文章、つまり記事を読みやすくしようとか真剣に書こうとか考えるようになるのではないでしょうか。稼げないアフィリエイターはもちろんですがアフィリエイトをしている全てのアフィリエイターが収入を増やすため振り返るべき問題ではないかと思います。「サイトは必ず誰かが目にする」と言われれば当然そうなのですが「そのサイトを他人に見せられるか」と聞かれたらどうでしょうか。奥の深い問いかけだと思います。
| 日記

モノを売るよりアドセンス

 今年は6月にジョッキーブーツが売れまくって物販アフィリエイトでもある程度の収入があったのですが長い目で見れば料率1%はあまりに低すぎるし収入が少なくてもやる気にならない、と考えてアドセンスを7月から始めました。画像を載せなくてもいい点だけ考えても大助かりですがこれまでアドセンスだけで稼いだ収入は4000円、これを料率1%で考えたらどれだけモノを売らなければならないでしょうか。


 アドセンスに乗り換えたのは正解だったと思います。始めた初月から900円稼いだのには驚きました。いまではアドセンスサイトはいくつあるか筆者自身にもわからない数になっています。


 ただ、アフィリエイトをしていてそのやり方が自分に合うかどうか決めるにはやはり3ヶ月はかかるでしょう。この3ヶ月の間収入はありませんが、この間にアフィリエイトやアドセンスをやめてしまうアフィリエイターやアドセンサーが多すぎるのが残念です。だから月収5000円を稼いだら上位5%のアフィリエイターになれる、という考えが生まれてしまったのではないでしょうか。料率が低すぎ筆者はやる気がどうしても続かなかったのでアドセンスに収入の方法を変えましたがなかなか稼げない物販アフィリエイターは他の収入のやりかたを考えるのも稼げるアフィリエイターになれる近道ではないか、と思います。初月から900円収入があるアドセンスを筆者は勧めたいですが大変な円高なのが辛いですね(笑)。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。