新年まで10日

 カレンダーを見ていて新年まであと10日だと気がつきました。気になるヒヤシンスはあと10日でどこまで大きくなるでしょうか。「7つのS」を全部は揃えられないと思いますが、せめて花だけは飾りたいものです。葉は7,8cmほどに伸びて葉をかきわけると中に緑色の花が見えますが間に合うかどうか気になるところです。新年を7つのSで祝う習慣はペルシャ帝国が成立するはるか以前の紀元前4000年ころから現在まで受け継がれているのだと聞いたことがありますが、さすがに歴史の悠久さ、偉大さを感じます。「7つのS]は揃えられなくてもお祝いする気持ちはもっていたいもの。今年は現地で新年を迎えられないのがこころ残りですが、いつか夢は実現すると思います。新年は春の始まりでもありますから、ぜひともポジティブ志向で新しい年を迎えたいものです。

今宵の君は(続き)

 手にしたばかりの「今宵の君は」、昨夜はほんとうに聴き惚れてしまったのですがこうした機会は久し振りのことです。演奏時間が3分に満たないながらどうしてこれほどきれいな曲が書けてしまうのでしょうか。「60年代を代表する」と解説にはありますが、40年も前の曲だとはにわかには信じられません。いまでも作曲された当時のままの美しさなのだと思います。イージーリスニングやインストルメンタルは以前からすきですが、もし、この曲に対抗できる作品があるとしたらやはり同じ演奏者の「朝の歌」でしょう。時間を忘れて聴き入った曲はあまり例がないのではなかったかと記憶していますが、これはその数少ない例になることは間違いないと思います。いつも聴く曲ではないものの、これからも大事にしていきたいと思います。

「今宵の君は」

 MDに録音して大事に聴いてきたのですが、MDのTOC信号にトラブルがあったらしく聴けなくなってしまったのでCDを注文し、夕方引き取ってきました。18曲が収められたアルバムですが、やはりこの曲はいつ聴いても秀逸の一語に尽きる思いがします。「THE WAY YOU LOOK TONIGHT」が原題だと初めてわかりましたが、発表からずっと時が過ぎても一世を風靡したカスケーディングサウンドは健在。いつも聴きたくなる曲ではありませんが、聴きたいときに近くにあると安心してホッとできる作品だと思います。おりしも春の宵、今夜は夜が更けるのを待ってこの忘れられない曲を静かにたのしんでみようと思います。

2冊連続売れ!

 昨日に続いて今日も本が1冊売れました。4冊仕入れたとたんに2冊売れたことになります。当然のことなのですが在庫を増やすのは本当に大事なことなのだと感じましたし、在庫が4桁になれば毎月の収入は1−2万円は確実なのではないか、という気もします。現在の在庫は250冊、目標まであと750冊ですが105円コーナーの本を探したとして78750円、これまで約4万円の利益がありましたがこの4万円を仕入れに使えばあと750冊の目標は今年のうちには果たせるのではないかと思います。ネットで大事なのはまず行動することだといわれますが、初心者で何も知らなかった自分でも毎月5000円程度の利益はあげられるようになったのですから経験と決断は本当に大事なのだと改めて感じました。明日も仕入れに行き、4,5冊程度は見つけてきたいと思います。在庫4桁、月収1−2万円の目標達成が楽しみ。これからもプラス志向で行きたいと思います。

三寒四温

 昨日は15℃まで気温が上がりましたが、今日の最高気温は6.5℃、かなり寒い一日になりました。「三寒四温」そのままのようなお天気です。そのため今日はどこにも行かず静かに過ごしました。あすは13℃まで暖かくなるようなのでまた仕入れに行きたいと思います。本来は仕入れがお天気に左右されるようではいけないのですが・・・。寒い日はあるものの春は近いと感じます。暖かくなれば毎日仕入れができますし、在庫4桁の目標にも近づけますので楽しみ。毎日の仕入れ冊数は少なくても、積み重ねで1000冊、は夢ではありません。まだ寒い日は仕事の上でもあるのでしょうが、実を結ぶ日は近いのだと考えて、仕入れをたのしんでしまおうかと思っています。

今日は春、あすは・・・

 今日は14.5℃まで気温が上がりました。4月なかばなみの気温だそうです。ほんとうに暖かくなったので久し振りに午後から出かけました。ただ、あすは寒の戻りで5℃までにしかならないそうです。あすは部屋でおとなしくしていることになるのでしょうか。この時期「三寒四温」といわれますがほんとうにそのとおりだと思います。大事に育てているヒヤシンスが21日までに咲くかどうか少し気になりますが、お天気に恵まれれば何とかなるのではないかと思います。春まだ浅い季節ではありますが、その春は近いのだと思いたいですし、今年は冬が厳しかっただけに春を待つ気持ちはいつもの年より強いようにも感じます。明日は寒くても明後日は暖かくなるのでしょうか。春がほんとうに待たれます。

今日は何の日

 「今日は何の日」を見ていて初めてわかりましたが、今日は黄巾の乱が起きた日なのだそうです。「三国志」を思い出しました。このごろはずっと吉川作品から遠ざかっていましたが、読み返しをしてみたくなりました。一年のどの日にも何かのできごとがあるわけですが、歴史上のできごとがあり、それが身近に感じられる場合は気持ちもどこか違うような気がします。いまから1800年もまえのできごとが身近に感じられるのはおかしいかもしれませんが、吉川三国志を部分的には暗記するくらい読み返したせいかもしれないと思います。歴史は面白いと思いますが、「三国志」を読んでいなかったら今日どのような動きがあったかわからなかったかもしれません。「三国志」読み返しは久し振りですが、横山三国志とあわせてもう一度読んでみたいと思います。

「さよなら友よ」

 またこの曲を聴く季節が巡ってきました。卒業式シーズンに流れる曲は数多くあると思いますが、わたしにとってはまず何よりもこの曲。もうずいぶん前の作品ですが、いまでも忘れられない思い出の曲。卒業の時期とレコードの発売時期が同じでしたのでいまもほんとうに強い思い入れがあります。音楽はタイムマシーンのようなものだと思うことがたびたびありますがこの曲はタイムマシーンとして忘れてはならない作品であることは間違いありません。思い出に彩られ、思い出につながる曲をたとえ1曲でも大事にもっていられるのは何と幸せなことかとしみじみ思います。これまでも、これからも大事にしたい曲。今夜は当時を振り返って思い出にひたろうか、と思います。

また広告依頼が

 メールマガジンを発行しているのですが、また広告掲載依頼がありました。アフィリエイト広告の依頼なので商品が売れれば収入になります。先月は本が売れず、少しだけ落ち込みましたが気にしすぎず前を向いて歩いていたのがよかったのだと思います。おかげでアフィリエイトのE−BOOKがただで手に入りましたが、とにかくPCで不労所得をあげることが目標ですからこの無料資料も使えるだけ使いたいと思います。そろそろ気温も上がってきたので仕入れも本格始動しようと思いますが、アフィリエイトにも少なからず関心がある身にとっては今回の無料資料は本当に貴重なお土産になりました。現金だけでなく、ものによる現物収入ですが、天は自ら助ける者を助く、ということになるでしょうか。あるいは歌舞伎「三人吉三」の名科白通り「こいつは春から縁起がいいわえ」と言えるかもしれません。不労所得に向け、あとは実行。ポジティブ志向でもちろん行きますし、今月はいいことがありそうな気がします。

上巳の節句

 今日は3月3日、上巳の節句です。特に何のお祝いをするわけではありませんし、白酒もありませんが、それでも「心無き身にもあはれは知られけり」でしょうか。季節が春に近いのだということをしみじみと感じます。風があり寒い日になり、最高気温も7℃までしか上がりませんでしたが季節を大事にする気持ちは忘れたくないもの。今日はほんとうに静かな祈りの日にも似た節句のお祝いになりましたが、清明節には今日の分まで取り返してたのしく過ごそうか、などとも思います。今日は「岳飛伝」のなかから桃の節句について書いてある箇所を読み返すことにしました。祝い酒がないのが少し寂しいですが、たまにはこうした静かな過ごしかたもいいのではないかと思います(追記 1958年 日本初の軽自動車スバル360発表の日)。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。