おいしかった白魚

 友人と話をしているうちに「お昼は鮨にしよう」という話になりました。いつも行くお鮨やさんなので安心ですが、大走りの鰹、それからいまが旬の白魚にはさすがに季節を感じました。鰹がいまの時期にとれるとは思っていなかったので意外でしたし、白魚はいまだけの味なので、春、と気持ちを新たにしましたが、食べるもので季節を感じる、というのはさすが日本にうまれたからならではの幸せだと思います。お昼でしたので夜なら定番の「一の蔵」が飲めなかったのは少しながら残念でしたが、また日を改めて行くことにしました。あすはお花見の予定ですが、また季節を感じてこようと思います。

今日は穀雨

 今日は二十四節季のうちの穀雨です。朝から雨が降りいかにも季節らしいお天気になりました。ただ、12時すぎに南東の風が10mとかなり強かったので、花が散ってしまわないかと心配です。月に雲、花に嵐のたとえどおりにならなければいいのですが。あすは所により朝のうち雷があるかもしれない、という予報、2回目のお花見は週末をおいてはなさそうな感じがします。予報ではあすは「南の風 後 北西の風 くもり 明け方 から 朝のうち 雨 所により 雷 を伴う」ですが、「春雨はいたくな降りそ桜花いまだ見なくに散らまく惜しも」どうか静かな降りであってくれるように祈りたいと思います。

桜、満開宣言

 仙台管区気象台は18日、さくらが満開になったと発表しました。今日は花曇りのおだやかな天気になりましたが、週末は晴れときどき曇りの予報なのでまたお花見に出かけたいと思います。ほんとうにこの季節は日本にうまれてよかったと感じますが、さくらに対して特別な思いがあるのはどうしてなのでしょうか。この気持ちは日本人ならだれでももっているのかもしれませんが、思い入れのようなものかもしれないと思います。明日の予報は雨、「春雨はいたくな降りそ桜花いまだ見なくに散らましものを」という歌がありますがそのとおりに願いたいと思います。2回目のお花見もたのしみにしています。

春夜桃李園に宴するの序

 春の宵をたのしくすごそうと思い、久し振りにランブルスコを買ってきたところまで書きましたが、いざ開栓して「PLANETES」のHDD録画を再生して見ていたら4時をまわってしまいました。夜を通り越して朝まで宴をたのしんでいたことになります。それにしても「春宵一刻値千金」と言われるとおり春の夜はどうしてこんなに過ぎるのが早いのでしょうか。お花見にもまた行きたいと思いますし、短いこの季節、できる限りたのしくいたいものです。桃と李の花は近くにありませんが、さくらと梅がそろって咲いているのですから宴には最高ではないでしょうか。今夜もまたさらなる1本を開けるのではないかと思います。今日この日だけを過ごせ、たのしく。

今年のお花見(1回め)

 歯科検診に行った帰りに榴ヶ岡公園と管区気象台のさくらを見てきました。まだ4,5分咲き、満開までにはまだ3,4日はかかりそうな感じですが、やはりさくらは何回見てもきれいだし、ほんとうに特別な思いがします。平日でまだ満開ではないのに公園内はかなりの人出、やはりさくらに寄せる思いは日本人ならみんな同じなのではないか、と感じました。青空の下のさくらは古謡「さくら」に歌われたとおりにおうばかりの美しさ、この時期は日本に生まれてほんとうによかったとしみじみ感じます。今夜は「春夜桃李園に宴するの序」を思い出しながらランブルスコを久し振りに開けることにしました。週末にまたお花見に行きたいと思います。

なぎらさん誕生日

 「今日は何の日」サイトで気がつきましたが、今日は1952年にフォーク歌手のなぎら健壱さんが生まれた日です。なぎらさんと言えばラジオ日本で放送していた「まっかちん仮面」、これは毎日聴いていましたし(とにかく面白い)、今では伝説になったとも言われる「悲惨な戦い」ですが、なぎらさんのようなユニークさをもったフォーク歌手はもう生まれないのではないか、という気もします。いまはフォーク全盛時代ではありませんが、「悲惨な戦い」はいま聴いても笑えますし、歌は時代を確かに超えるのだと思います。日ごろは放送でなぎらさんの曲を聴くことはありませんし、ラジオ放送も終わったいまでは一部の熱狂的ファンに支えられているのかもしれませんが、あのユニークなキャラクター性はいつまでもなくしてほしくないと思います。今夜はこれから「悲惨な戦い」を聴くことにします。

更新忘れ(汗)

 昨日はずっと刑法の勉強をしていたのですが、更新をすっかり忘れてしまいました。PCトラブルでもない限り更新忘れは本当に珍しいことだと思います。しかし、これは裏を返せばそれだけ勉強に集中していたからなのだ、と納得。今日からはまた新しい気持ちで更新を忘れずにこの電子日記を書いていきたいと思います。

さくら開花!

 仙台管区気象台は今日13時すぎ、さくら開花を発表しました。予想日から3日遅れましたがさすが春だなあと感じます。今日は曇りながら最高気温は21.3度まで上がりました。先日までの寒い毎日がうそのようですが、ようやく春になったのだという気分がいやでもしてきます。満開になるのは花が咲いてから1週間後くらいなので、今年は20日前後になるのでしょうか。なかなか時間はありませんが少しでも時間を見つけてお花見に行きたいと思います。「春夜桃李園に宴するの序」に倣い、夜桜を眺めるのもいいかもしれません。みじかいさくらの命、さくらに寄せる思いは特別なものがありますが、今年もお花見ワインを買って、時間を忘れてこの季節をたのしくすごしたいと思います。

霧の朝

 今日は珍しく霧の朝になりました。雨に変わったものの霧は珍しいのではないかと思います。最高気温は15.2℃まで上がりようやく寒さからは解放されましたがさくらは今日も咲きませんでした。開花宣言が待たれます。今日の雨が木の芽起こしになればいいのですがどうなるでしょうか。試験準備で時間はなかなかありませんが、少しでもいいからお花見には行きたいと思います。春の霧、かすみ。何かいいことがありそうな気がします。

開花宣言いまだなし

 さくらの開花までは秒読みの段階なのでしょうが、今日も開花宣言がまだありません。今日は朝から雨になり、木の芽起こしになるのではないかと思ったのですが最高気温は7.8℃、かなり寒く感じます。予報では明日も雨、13℃の最高気温ですが今日の最高気温予想が10℃でしたのでまた寒くなるのではないかと思います。開花が遅れれば花の時期がそれだけ長くなるのだと思いますから、ある意味寒いほうがいいのかもしれませんがやはり早く咲いてほしいもの。開花発表を楽しみに待ちたいと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。